避難シェルター付き防災住宅「カリビスのたまご」 浜松モデルハウスOPEN

生活が潤う地域情報

株式会社 安心住宅

防災住宅

安心住宅はデザインが生きている。

家を作るとき、建築士・空間設計者はそこに「住む人」とその「暮らしぶり」を考えます。

そこに住む人が、その空間でどのような時間を過ごすのかイメージしていきます。

家族の時間、独りの時間、ゲストを迎える時間、それぞれの時間にふさわしい空間とカタチを作り上げることで、“居心地の良さ”は生まれます。

 

安心住宅は防災の家。

「安心な場所」は家の中にある。それが本当の安心だと思う。

なにかあった時に、家の中に“避難所”があれば…それが家を持つ人々すべての願いではないでしょうか。いよいよ「シェルター住宅」を考える時は来ています。

 

安心住宅は間取りが変わる。

家族は成長します。ライフスタイルは変化します。その時、住まいは!?

今、家族にちょうどいい空間が、10年後、20年後にもちょうどよく感じられるかどうか、想像してください。

長い歳月の間には家族も成長し、ひとりひとりの ライフスタイルも変わってゆくことがあるでしょう。

私たちが提案するのは「変化する家」です。

 

安心住宅は空気がきれい。

この家にいると、わずかですが、室内の空気が肌の上を柔らかく流れていくことに気がつきます。

安心住宅「カリビスのたまご」は言わば“呼吸する家”。

24時間全館空調システム「ファース工法」を採用することで、生きた空気すなわち常に良質・清浄な空気を家の中に行き渡らせ、快適と安心、そして人と家の健康を守っているのです。

 

上へ戻る